2013年08月25日

お盆の夕暮れに

DSC_8838 (800x551).jpgDSC_8705 (800x522).jpg
posted by せせらぎネット at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 森とせせらぎ祭り

灯ろうのあかり

DSC_8904 (800x508).jpgDSC_8811 (800x533).jpg
posted by せせらぎネット at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 森とせせらぎ祭り

願いをこめて

DSC_8744 (530x800).jpgDSC_8750 (800x533).jpg
posted by せせらぎネット at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 森とせせらぎ祭り

2013年08月24日

送り火

DSC_8854 (800x519).jpgDSC_8703 (800x526).jpg
posted by せせらぎネット at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 森とせせらぎ祭り

灯ろう流し 

DSC_8730 (800x567).jpgDSC_8673.JPG
posted by せせらぎネット at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 森とせせらぎ祭り

たらい舟を浮かべて

DSC_8384 (532x800).jpgDSC_8316 (800x531).jpg
posted by せせらぎネット at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 森とせせらぎ祭り

せせらぎ便り 灯ろう流しの日に

DSC_8355 (520x800).jpgDSC_8350 (800x546).jpg












今年も厳しい猛暑日が、何日も、何日も続きました。
そんな、とても暑い日に灯ろう流しの準備が始まるのです。
厚紙に線を引き、カッターで切りぬく単純な作業なだけに飽きますし
隊長さんからは、今日は、一人50枚がノルマです頑張りましょう!
と激がとびます。^^”(今年は300個を準備)
救いは冷たい飲み物と、平井会長さんからの塩茹での「枝豆」です。
それと、まあ、どうでもいいような冗談話(笑う)
*平井会長の畑で採れる枝豆、これは、実に美味いです。
食べだすと、やめられない!とまらない!で作業が中断します。^^”

当日になり写真の「たらい舟」です。
今年は、ボランティアの人員も数少なく、たらい舟はやむなく中止
と決まったのですが準備をしていくうちに(せせらぎで)子供たち
から、たらい舟は何時から乗れるの?去年、怖くて乗れなかつたか
ら、今年はリベンジしたいから宜しくと声が掛りました。
これは、やるしかない!と、当日になり予定に入れる事に、だから
子どもたち、ごめんなさい!掲示が行き届かなくて。^^”
*陽が傾きイベントが始まる前、ささ舟を流して遊んだけど、作り
方を覚えてくれたかな?

                          田中
posted by せせらぎネット at 19:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 森とせせらぎ祭り

三番叟 2

DSC_8569 (800x531).jpgDSC_8627 (800x552).jpg
posted by せせらぎネット at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 森とせせらぎ祭り

三番叟 1

DSC_8515 (800x542).jpgDSC_8503 (800x536).jpg
posted by せせらぎネット at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 森とせせらぎ祭り

せせらぎ便り 灯ろう流し

DSC_8792 (800x544).jpgDSC_8554 (800x522).jpg








8月18日(日)夕暮れ迫るころ、せせらぎには大勢の人たちが集い
小関橋下流の休憩小屋、東屋を舞台にして、人形劇団ひとみ座さん
(現代人形劇センター)による、伝統人形劇「三番叟」が、この夜
行われる「灯ろう流し」のかわきりとして舞われました。
森とせせらぎ「灯ろう流し」は、今回で6回目を数え三番叟の参加
共々、夏のお盆に行われる行事としては、もう、お馴染みなのかも
知れませんね。序でに、現代人形劇センターさんでは、地元交流と
して。毎年、夏になると子供たちを集め「乙女文楽教室」を開催し
ていまして、なんと、これも今回で6回目。なんだか勝手にですが
共に歩んで来たような気なんかしたりしてます。^^”
で!〜^^乙女文楽教室は今回、特別に取材させて頂いています。
後ほどブログにて記載したいと思いますので宜しく!
さて、随分と遅くはなりましたが、灯ろう流しの写真を載せました
ので見て下さい。〜^^

追伸。
9月、管理棟では「灯ろう流し写真展」を計画しております。
参加者募集中です、これはと思う写真を、あなたも管理棟にて展示
してみませんか!〜^^〜00〜^^〜

詳しくはメールで。   t.work-w8.ppk@nifty.com

       写真・文 田中
posted by せせらぎネット at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 森とせせらぎ祭り

子供たち楽しそう!

DSC_7623 (531x800).jpgDSC_7592 (800x536).jpg
posted by せせらぎネット at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 森とせせらぎ祭り

木の温もり

DSC_7661 (536x800).jpgDSC_7705 (800x536).jpg
posted by せせらぎネット at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 森とせせらぎ祭り

フラガール 〜^^

DSC_7653 (800x542).jpgDSC_7696 (800x556).jpg
posted by せせらぎネット at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 森とせせらぎ祭り

皆で演奏!

DSC_7715 (800x536).jpgDSC_7676 (800x532).jpg
posted by せせらぎネット at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 森とせせらぎ祭り

ウクレレ

DSC_7510 (800x536).jpgDSC_7576 (800x536).jpg
posted by せせらぎネット at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 森とせせらぎ祭り

跳びだせ!せせらぎ便り ウクレレな日

DSC_7496 (800x536).jpgDSC_7547 (800x540).jpg








皆様、ウクレレって小さな楽器なんですがお好きですか。
ハワイウクレレフェスティバル〜家族をつなぐウクレレ〜
NHK・BS1放送の番組「エルムンド」で元大関の小錦さんが
あの大きな体にウクレレを抱きハワイアンを演奏、傍では
奥様が踊られていました。
演奏を終え、はにかみながら小脇に抱えたウクレレを持ち
司会の方からの質問で、ウクレレの良さとはに。
何時も傍に置いていて、何でもいい♪ポロンと爪弾くだけ
で気持ちが落ち着く、ずっと家族と一緒と答えてました。

ウクレレというとハワイな印象と、何故かしら子供のころ
の映像で観た、色男が女性を口説くときの小道具的な使い
の先入観。そうそう!やはり、これですよネ。^^”
♪あ〜いやんなっちゃった あ〜んがあんがおどろいた
なんだかピアノやバイオリンの広壮なものとは違うような
今でいうチャライ?楽器、ギターを小さくした玩具。

ある時、ハワイのウクレリスト「ジェイク・島袋」さんと
いう、演奏家のかたが、ハワイ沖で潜水艦と衝突沈没した
日本の練習船「えひめ丸」のため、鎮魂歌を捧げ演奏して
くれました。その透き通るようなウクレレの響きと見るに
まだ少年の面影が残る彼が同じアジア人の悲劇を思い奏で
るレクイエムにとても感動させられました。
以来、ウクレレの印象が、それまでとは違い大いに変化し
ていくようになりました。その音楽をいろいろ聴いていく
うち、何だか弾きたくなり、ある日の朝、まだ眠っている
夢のなかで演奏している自分の姿が。
これはもう、弾くっきゃないなと思いまして、それからは
自身もウクレレを抱き♪ポロロンと爪弾く毎日です。^^

そんな、日本の横浜市の赤レンガという建物がある場所で
昨日から一日中が、ウクレレとハワイアンというイベント
が開催されています。
陽が傾くころ広場には、ウクレレを持寄り「HIGH FIVE」
という(かのんぷ♪)さん作の曲を、それはそれは大勢で
集まりハイタッチ!をしてウクレレを演奏するステージが
あるものだから、とにかく行く人、行く人が皆、肩にウク
レレをぶら下げ歩いています。(向かう電車や通りでも)
世界一のウクレレフェスティバルと銘うった横浜赤レンガ
倉庫で開催されるイベント「ウクレレ ピクニック」^^
昨日、わたしもかあちゃんと同伴(家内安全・地球平和)
という事にして行ってまいりました。^^”
とっても楽しいイベントなので、皆様もいかがでしょうか
日曜日 8月4日 今日も開催されてますヨ〜!
             (わたしも行きます)〜^^

http://hawaii.jp/event_up2013.html

    写真・文 田中
posted by せせらぎネット at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 森とせせらぎ祭り