2014年05月24日

せせらぎの暮らし

DS2_6001 (800x531).jpgDS2_5943 (800x536).jpg








最近のこと、朝早い時間に野鳥のさえずりで目覚めます。
それは、ほぼ同じ時間に心地よく、とても綺麗な鳴き声が
裏山の神庭の森から届きます。
目覚まし変わりに、野鳥のさえずりを楽しんでいるのです
が、ひとつ問題が。^^”
一度聴いたら印象に残るさえずりも、実は外来生物の野鳥
元々はペットとして持ち込まれ、かご抜けをして野生化し
た鳥なんです。(野鳥の名は、ガビチョウ)
自由の身になって飛び立ち、見知らぬ国で仲間(恋人)を
探し、さえずるその声は相手に届いているのでしょうか。
野生化し、この国の生態系に影響を与える存在ではあるの
ですが、一途に鳴いている声に誰がそうしたのかを考えて
心が痛みます。(他にも、コジュケイなど外来生物です)

今年も、せせらぎの流れには「カルガモ」がヒナを連れて
親子で泳ぐ姿が見られるようになりました。^^
また、上空では「ツバメ」が飛び交い小さな虫をくわえて
子供たちの待つ巣に戻り、子育ての真っ最中です。^^
他にも、気をつけて歩いていると「スズメ」も子育て中で
子雀のヒナが母鳥に羽をばたつかせ餌を貰おうとおねだり
している光景を見ることが出来ます。^^

自然の営み、彼らの暮らしを(子育て)静かに見守りたい
ものですね。(そっと見ているだけで、実に癒される)^^

                    田なか
posted by せせらぎネット at 22:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 森とせせらぎ祭り
この記事へのコメント
初めまして宜しくお願いします^o^
野鳥のさえずりで、起きていらっしゃるなんて、何て素敵なところにお住まいなんでしょうか(^ ^)
これから先も、素敵なBlogを続けていって下さいねぇ^o^
Posted by 佐藤江里子 at 2016年04月13日 21:06
コメントをよせていただき、
          ありがとうございます。

喧騒とした都会の街で暮らしていますと、朝の目覚めは、走り去るクルマの騒音(街が動きだす)からが日常ですが、そんな毎日に自然の声(野鳥の囀り)が混ざるときがあります。
何も変わらない毎日、ふと耳を澄ませ聴こえる音に
心を傾けて
風の音や自然に人の集う声を聴き、心を穏やかに過ごせればいいですね。
Posted by たなか at 2016年04月22日 10:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/97947867

この記事へのトラックバック