2017年08月27日

灯ろうに願う

P8200277.jpgP8200141.jpg
posted by せせらぎネット at 01:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 森とせせらぎ祭り

夏の夕暮れ

P8200363.jpgP8200282.jpg
posted by せせらぎネット at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 森とせせらぎ祭り

2017年08月23日

灯ろうを浮かべて

P8200270.jpgP8200293.jpg
posted by せせらぎネット at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 森とせせらぎ祭り

灯ろう流し

P8200087.jpgP8200196.jpg










八月二十日(日) 
夏の終わりも近づく夕暮れ、せせらぎの休憩場(東屋)から文楽のしらべ
が聴こえ灯りの灯る東屋では、劇団ひとみ座(現代人形劇センター)さん
の乙女文楽(三番叟)が舞われ、ロウソクに火がともされた「灯ろう」が
少しだけ上手の流れに、一つまた一つと願いをのせて川面に浮かびました。

何故?と聞かれ、この場所に人々が集い何か催しが出来たらの思いから
「灯ろう流し」を思いつき、今年で10回目を迎え夏の風物になれたので
はと答えました。
願いや鎮魂、先祖への供養と思いは灯ろうを流しに来た人たちの心のなか
にあり、何よりも灯ろうの流れを追う子供たちの喜ぶ姿に癒されます。
回数の代価を求めるのではなく、これからも末永く続けて行ける事を灯ろう
流しが終了した後、子供たちからありがとうと声を掛けられ心からそう思う
夏の日の一日ではありました。

                        田なか
posted by せせらぎネット at 11:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 森とせせらぎ祭り

2017年07月06日

せせらぎの四季便り 七夕

20170703153310_IMG_2001.jpgCSC_0152.jpg








星に願いを

七夕には少し早いですが7月2日(日)朝から竹を切り出し、せせらぎの
管理棟へ、ささやかでは御座いますが七夕の笹飾りを立てさせていただき
ました。

こと座のベガ(織姫星)白鳥座のデネブ、それから わし座のアルタイル
(ひこ星)夏の大三角と呼ばれ、幼いころ夏の七夕の夜空を眺めては心が
ときめいたものです。
あいにく現在のこの街では明るい星ベガしか見えませんが、遠い昔の故郷
で見た星雲(天の川)の、きらめく星空は今でもはっきりと覚えています

花屋の店先で、笹の傍らに白い花ナデシコの「織姫」を見つけたので載せ
ておきますね。(しらべてみると、七夕の夜は満月の前の晩)
月明かりの夜では御座いますが、せせらぎを散歩の途中にでも管理棟のべ
ンチへ短冊を御用意していますので、願いをひとつしたためてもらえれば
幸いです。^^   (片付け、9日)

       晴れるといいね ^^!   田なか
posted by せせらぎネット at 19:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 森とせせらぎ祭り

願いをこめて

P8210580.JPGP8210602.JPG
posted by せせらぎネット at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 森とせせらぎ祭り

灯ろうの灯りを追って

P8210590.JPGP8210606.JPG
posted by せせらぎネット at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 森とせせらぎ祭り

灯ろうを手に

P8210424.JPGP8210534.JPG
posted by せせらぎネット at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 森とせせらぎ祭り

東屋に人々が集う頃

P8210445.JPGP8210524.JPG
posted by せせらぎネット at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 森とせせらぎ祭り

せせらぎ便り 灯ろう流しの日に

P8210155.JPGP8210336.JPG







灯ろう流しの日に

灯ろう流しの夜が開けた朝、台風9号が関東地方に接近
激しく降る雨音に目が覚めました。
灯ろう流し当日でなくて良かったわ、と思うほどの大雨
に、まだ疲れの残る身体を起こし心からそう思いました。

今回で9回目を数える「灯ろう流し」も、余興にと始め
た「たらい船」には、まだ厳しい残暑が残る夏の日差し
のなか大勢の子供たちが集まりました。^^
夕闇迫る東屋では始まりのファンファーレに、松平 晃
さんの吹くトランペットの音が、開始を報せて鳴り響き
続いて主催の挨拶はそこそこに、ひとみ座さんの乙女文
楽「三番叟」が舞われる頃には、灯ろうを手に大勢の人
たちが集い始めていました。^^

                広報 田中
posted by せせらぎネット at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 森とせせらぎ祭り

2016年04月05日

さくらが満開

080.jpg107.jpg











せせらぎのさくらが、満開を迎えています。
見ごろを迎えた先週末から、あいにく朝晩に雨が降り続いていますが
日中はその雨も止んでくれ、春は桜を愛でましょうかと大勢の人たち
が出向いて来ていました。^^
今年の桜は開花宣言こそ平年より早く、それでもさくらの季節なので
しょうね、咲き始めたら花冷えが続いて満開まで間が空きました。

今日は各地の学校で新入学が始まり、小さな子供たちが新しいランド
セルを背負い、桜が舞う中を通う姿が見られました。(さくらが本当に
似合います)

長らくホームページがトラブルで止まっていましたが、新しくし活動
を始められる準備をしています、もう暫くお待ちください。^^
posted by せせらぎネット at 10:40| Comment(4) | TrackBack(0) | 森とせせらぎ祭り

2014年07月14日

ほおずき市

DS2_6808 (547x800).jpgDS2_6671 (800x554).jpg
posted by せせらぎネット at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 森とせせらぎ祭り

跳び出せ!せせらぎ便り 浅草

DS2_6638 (522x800).jpgDS2_6634 (800x542).jpg











夏の台風は、日本を横断して通り過ぎ去ってから連日、蒸し暑い夏日が
続くようになりました。(暑中!お見舞いを申しましても宜しいかと)
台風一過が近づく前の日、浅草は浅草寺の「ほおずき市」へ今年の夏も
出掛けて来ました。(日中は、なんとか雨も降らず風も穏やかでした)
この日に参拝すると、なんと四万六千日分のご利益をいただけるのだそ
うです。(本堂の前に、大きな四万六千日の幟があがります)
何故?4万六千か。せせらぎ特派員、田中が調べた所によりますと。
諸説ある中で、最もらし〜いのをひとつ。米一升分の米粒を数えてみた
ら四万六千粒になり、一升を一生にかけたのが定説ではございませんが
諸説ある中では最もらしいかと。^^”
ほおずきは、元は「赤とうもろこし」だったのが「ほおずき」に変わ
って来たのだとか(お盆に、お仏壇に供える所から来たのかもネ)
赤く色付いたほおずきは、この時期、関東地方ではまだ青く変わりに
私の故郷、長崎県から色付いたほおずきを運んで来るのだと境内にいた
宅配のお兄ちゃんから教わりました。(長崎県産。なんか嬉し!)^^

浅草寺の四万六千日は終わりましたが、安心してください。
八月十日、鎌倉は幾つかのお寺さんで同じくお参りをすると四万六千日
分のご利益がいただけます。(杉本寺・安養院・長谷寺など)ありがたい
 
                         田なか
posted by せせらぎネット at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 森とせせらぎ祭り

2014年06月25日

夏の野草 ネジバナ

DS2_6498 (531x800).jpgDS2_6509 (517x800).jpg
posted by せせらぎネット at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 森とせせらぎ祭り

ワルナスビとカワラナデシコ

DS2_6267 (800x531).jpgDS2_6537 (800x545).jpg








葉の裏と茎に刺が有り、牛や馬が喉に詰まらせてしまうから悪い草
茄子の花に似ているから「ワルナスビ」。思わず撫でてしまいたく
なる可憐さから、撫でるがなまって付いた「ナデシコ」。悪茄子とは
ちょ〜っと不憫な気がしますよね。^^”

畑や花壇に生えれば雑草でも、野に咲けば野草です。  田なか
posted by せせらぎネット at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 森とせせらぎ祭り

アーティチョーク

DS2_6574 (540x800).jpgDS2_6562 (529x800).jpg
posted by せせらぎネット at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 森とせせらぎ祭り

アザミの咲く頃(アーテイチョーク)

DS2_6559 (522x800).jpgDS2_6555 (800x539).jpg












夏の梅雨空を思わせる、生暖かい風と雨の匂いがしてきます。
雷が鳴ると、梅雨の上がりを意味すると聞いていましたが・・・?
このところ毎日のように、雷鳴が聞こえてドシャ降りの雨が続いて
います。(東京都では白く降り積もるほどのヒョウが降りました)
「雨降って地固まる」まさか地面をかくほどのヒョウとは驚きまし
たが、この時期の雨は稲を育む恵の雨とも言えるので勘弁してもら
いたいものです。
遠のく雷の音と、雲の間から青空が顔を覗かせ陽が差し込んで来た
ので写真機を持ち出し、せせらぎを歩いて来ました。
夏の日差しは、直ぐに地面を乾かせ夏草の萌ゆる香りがしてきます
その茂りの中、ネジバナや何もこんな名前をつけなくとも思える草
ワルナスビが花を咲かせていました。
野草と雑草が生い茂る、せせらぎの畔にはオミナエシの黄色い花に
思わず足を止めて見入ってしまう、西洋アザミ「アーティチョーク」
の蕾が花開いていました。雨あがる^^

                         田なか
posted by せせらぎネット at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 森とせせらぎ祭り